緑内障
白内障
網膜硝子体疾患
ロービジョン
その他(斜視、まぶたの病気、涙器)

緑内障

皆さんは緑内障と聞いて、どのような病気だと思いますか?
最近の統計では、40歳以上の日本人で17人に1人が患っているほど、多くの方がかかる可能性のある病気であり、しかも緑内障は目の病気のなかでも失明に至る原因の上位と言われています。そのうえ、初期の進行はゆっくりで、自覚症状が少ないため気付いたときには症状が進行しているケースも多くみられます。
昔は、緑内障は失明に至ることが多かったことは事実ですが、現代医学の進歩により早期発見、早期治療であれば救える病となりつつあります。
ここでは、緑内障はどのような病気なのか、どのような治療方法が行われているのかご説明いたします。

緑内障について

眼の中には房水という水が循環していて、眼の圧を保っています。眼圧により視神経が萎縮するのが緑内障です。治療しない場合は多くは慢性に進行し、最後には失明してしまうこともあります。根本的な原因は不明ですが、症状は眼圧の高いタイプと、日本人に最も多い正常眼圧緑内障があります。初期にはほとんど症状がなく、また治療が成功しても、一度萎縮した神経は元通りにはなりませんので、早期発見・早期治療が重要です。当院には緑内障診断のための機器を多数揃えており、多角的に診断と治療を行っております。

緑内障イメージ

症状は進行に伴って視野が徐々に狭くなります。急性緑内障発作は頭痛・眼痛・嘔吐などで発症します。

参考
左図のように視野のなかで見えない部分が大きくなっていきます。

緑内障の治療について

急性緑内障発作ではすぐにレーザー虹彩切開術を行います。他のタイプではまず点眼薬で治療を開始し、眼圧と視神経・視野の変化をみて点眼薬を増やすか、または手術をします。当院では主に線維柱帯切除術を行っており、良好な結果が得られています。

 
Copyright(C) 2014 Kyu Eye Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】